2006年12月13日

ドーハアジア大会 全日本女子バレー決勝

 朝起きたら喉が痛くて風邪かな〜とは思ったので、早く寝た方がいいのは分かっているのですが、やっぱり見てしまいました。アジア大会女子決勝戦。


日本1−3中国
(25-22, 10-25, 23-25, 16-25)


金 中国
銀 日本
銅 台湾


 第1セットは中国がおかしい位ミスの連続で取らせてもらったという感じですが、第3セットはなかなかいい展開でした。ここで取っていたら、また違う展開になっていたかもしれません。しかし、やっぱり中国は強いですね。新人を育てながらここまでできるは、個々の能力がすごいからというものあるのでしょう。


 なんだかんだいいつつも、中国から1セット取ったし、起きてて良かったな。と思います。これで、全日本の今年のスケジュールは終了です。来年は、もっと違う全日本メンバーが見られるかもしれない。それを夢見て床につきたいと思います。お休みなさいませ。また詳しい話は明日にでも。
posted by いち at 03:57| Comment(3) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本にとって今回の中国は「勝てる中国」でした。
本当にもったいない。善戦して良かったんじゃなく、
千載一遇のチャンスを逃した感じ。すごく消化不良。

第2セットのボロカスぶりと、第3セットの安定ぶり
との差を何とかしなきゃね〜。ジャンプサーブ対策が
急務でしょう。でもVじゃ打つ人少ないんだよね…。
Posted by 千酔亭 at 2006年12月13日 22:51
中国に負けちゃいましたね・・・。
試合を見ていないのでわかりませんが、
ちょっと丁寧さに欠けていたかな?
タイ戦を見てそう思いました。
竹下・高橋以外の選手、もうちょっと
ブレずにプレー出来るように
頑張ってほしいです!!
これからの全日本に期待します!!
頑張れ!日本!!
みんな大好きです(^○^)
Posted by ルナ at 2006年12月14日 00:05
>千酔亭さん
毎度どうもでございます。

ジャンプサーブ対策は、リベロ変わればだいぶ変わりそうです。リベロのフォローを木村が、木村が崩れれば高橋が木村のフォローをしているようでは、攻撃に集中できそうにないですよね。

ここまでミスの多い中国は、当分見れそうに無いですよね。


>ルナさん
コンバンニャー!でございます。
残念ながら、竹下のミスも凄かったです。ダブルコンタクトを2回も取られるなんて、珍しいです。そういうミスの少ない選手のはずなんですけどね。

来年の全日本ももちろん応援しますよ!一緒に応援していきましょっ!(^0^)
っの前に、Vの方も応援していきますよっ!
Posted by いち@管理人 at 2006年12月14日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドーハ・アジア大会 日本女子銀メダル
Excerpt:   アジア女王の壁は厚かった   日本 1−3 中国   日本20年ぶりの銀メダル   中国のアジア大会金メダルは3大会連続 日本は第1..
Weblog: ボールと猫にたわむれて
Tracked: 2006-12-13 18:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。