2006年11月27日

世界バレー 全日本男子対チュニジア戦

日本3−2チュニジア
フルセットの末、日本の勝利です!これで、日本の8強入りが確定です。正直、ここまでやってくれるとは思っていませんでした。おめでとう!!


 この試合の一番の功労者は山本隆弘選手でしょう。一試合で29得点!奮闘してくれました。エースらしいエース。本当のエースに進化しましたね。あとは、強豪のセルビア・モンテネグロやロシアにどこまで通用するのか楽しみです。


 センターの斎藤信治・山村宏太選手も安定して活躍。昔は、ただでかいだけと思っていました。本当スイマセン!!あとは、もうちょっとブロック頑張ってくれたら、言う事無し!です。

 千葉進也選手も、上手さの光る活躍です。ごっつこと石島雄介選手も、力強いスパイクでチームを盛上げてくれました。ただ、もうちょっと緩急をつけたスパイクを使い分けてくれるといいかなと思います。


 男子の方は、本当に全員バレーという感じですね。なんだか、見ていて嬉しくなります。選手がチェンジする時も、本当に全員で勝ちたい!という気持ちが表れていて、見ていて微笑ましいです。朝長孝介選手が難しいパスをなんとか上げて、荻野正二選手が決めた時に、朝長の頭を抱えて喜ぶ荻野は、失礼かもしれませんが、お父さん!!という感じでした。自分が決めた事より、あのトスを上げた朝長に「よくやった!」と言っているようでした。


 明日は一日お休みで、ここまで全勝のセルビア・モンテネグロと、強豪ロシアとの対戦です。どこまで男子バレーが順位を上げれるのか。この試合にかかっています。頑張れ全日本男子!!
posted by いち at 01:15| Comment(0) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28352265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

山本隆弘(バレーボール選手)
Excerpt: 「山本隆弘(バレーボール選手):チュニジア戦(世界バレー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/sports
Tracked: 2006-11-27 21:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。