2006年12月04日

世界バレーとドーハアジア大会。

 世界バレーの全日程が終了しました。全日本男子の最終戦は対ロシア。非常に面白い試合展開を見せたものの、1−3でロシアに負けてしまいました。第二次ラウンドでロシアと対戦した時より、だいぶいい戦いが出来たのは、まぁ上々だと思います。

 ブラジルがポーランドをストレートで下して優勝です!おめでとう!女子同様意外な順位になりました。
世界選手権ベスト8
1位 ブラジル
2位 ポーランド
3位 ブルガリア
4位 セルビア・モンテネグロ
5位 イタリア
6位 フランス
7位 ロシア
8位 日本


 全日本男子は、8位に終わったとはいえ、だいぶ成長が見れたと思います。今回の全日本男子は、齋藤信治・山村宏太選手のセンター線の成長もさることながら、なんといっても山本隆弘選手のスーパーエースらしい活躍でしょう。しかし、私が一番注目していたのは、キャプテン荻野正二選手とリベロ津曲勝利選手。


 キャプテン荻野の事を、私は勝手に全日本のお父さんと呼んでいますわーい(嬉しい顔)合宿中は、山本選手の育成にずっと尽力してたとか。やっぱりベテランだけあって、自分の活躍よりも、チームの「勝ち」にこだわる姿勢が素晴らしいと思う。

 リベロ津曲選手。たまにチームの集中力が切れる場面があるが、津曲選手はずっと集中力が切れないプレーが出来ていたと思う。スーパープレーを何度か見せてくれたけど、難しいレシーブをきちっとパス出来てるところは流石であります。


 全日本の皆さんには、本当にお疲れ様と、興奮をありがとうと言いたいです。アジア大会が終わればプレミアリーグと休む暇も無いですが、体に気をつけて頑張って欲しいです。


 ドーハアジア大会。全日本女子は明日もお休みで5日タイ戦6日タジキスタン戦になります。昨日のカザフスタン戦の模様がスポーツナビに載っていました。選手のコメントもちょこっと載っていました。監督のアジア大会の目標は「中国と戦う事」とか。

 東レファンでは無いけど、満身創痍の木村沙織と故障中の大山加奈で、東レはプレミアリーグ大丈夫かなぁ?とちょっと心配しています。
バレーボールブログランキング
posted by いち at 01:07| Comment(8) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。