2006年11月18日

世界バレー 決勝戦ロシア対ブラジル

 書きたい内容がたくさんありすぎて悩みました。全部バレー関係です。ある意味嬉しい悩みですよね。結局悩んだ末に女子大会の決勝戦について。

 地上波での3セットまるまると、4セット前半カットを見ての感想ですのであしからず。後、私はロシアとブラジルならブラジルの方が圧倒的に好きです。その辺も踏まえて読んでいただけると助かります。


 もう皆さんご存知でしょうが、フルセットの末ロシアが勝って世界バレー優勝国はロシアになりました。非常に面白い試合で、最後までどちらが勝つのか予想できなかった。ブラジルは、初の負け試合が決勝戦というのがなんとも…

 高さのロシアとスピードのブラジル。勝ったのはロシアだが、両チーム共素晴らしいプレーの連続でした。

 最後の第五セット。11−13とブラジルは後2点取れば勝てる場面で、ロシアの4連続得点はすごかった。最後に勝敗を決めたのは、技術でもスピードでも高さでも無く、勝つという気持ちの強さだったのではないかと思う。

 ブラジルはロシアに比べてミスも少なく、ブロック・サーブに崩されながらもジャケリネ・シェイラ・マリなどサイドアタッカー陣が踏ん張っていた。サーブレシーブの精度がもっと良ければ、ファビアナのクイック・ブロードの本数が増えていたと思う。センターが活躍できれば、もっとブロックを振る事が出来た。が、それがなかなか出来なかった。

 サイド攻撃の応酬なら、ロシアと比べて分が悪い。そんな中でも踏ん張っていたサイド陣。しかし、11−13でちょっと「勝てる!」と思った瞬間、何かが緩んでしまったのではないか。


 スピード・技術・パワー・攻撃バリエーション・粘りではブラジルの方が1枚上です。ロシアで勝っているのは圧倒的な高さ、ブロック。ロシアで上手さのある選手はシャチコワ位ではないかと思う。

 ブラジルはロシアに勝てたと思う。終わった試合に「たられば」は禁物だが、11−13の場面で気持ちが途切れなければと悔やんでならない。逆にいえば、ロシアの最後まで強くあり続けた勝ちたいという執念のようなものは素晴らしかったです。

 ロシアのガモアの叫び、優勝が決った後のロシアチームの喜びは、ただただ感動です。決勝戦が見れて本当に良かったです。


 強豪国は、技術・高さもさることながら、小さな事ですが、約束事がきちんとそれぞれの選手ができていますよね。日本は、そういうところできちんと出来ていないな〜と改めて思いました。ラリーが続くと、そういうところが出来ているチームはやっぱり強いと思いました。バタバタという印象があまり無い。


 最後に、どうしてこのチームからMVPが居ないのかと思う。なんとも竹下のMVPはきな臭さを感じる。竹下はベストセッターで十分だった。竹下は泣いて喜んでいたようだが、どうも賞を与えた側の余計な気遣いであったと言わざるおえない。どうしても日本からMVPを出したいなら、まだ高橋みゆきの方が良かったな〜と私は思うのですが。
バレーボールブログランキング

PS.今回決勝戦について記事をアップする予定はありませんでしたが、最近コメントを頂いているYokohamaさんよりリクエスト頂き書かせていただきました。どうもありがとうございます。
posted by いち at 21:45| Comment(5) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。