2006年11月06日

世界バレー 全日本女子バレー対ポーランド

 昨日は結婚式と二次会だったので、ポーランド戦はビデオで今日観戦しました。結果は分かっていたので、安心してみてられたけど、今回のようなベストの状態では無いポーランドに1セット取られたんですね〜…なにはともあれ、勝ってくれて嬉しいです。


 杉山祥子選手のブロックは素晴らしいです。以前から良かった選手ですが、世界バレーでは特にいいですね。杉山のブロックで、流れを日本に持ってくる場面が結構あります。2次ラウンドでも、このいい状態を維持して欲しいです。


 そして、高橋みゆき選手は、本当にアキレス腱痛めているんでしょうか?疑問になるほど調子がいいです。サーブキャッチは日によって波があるようで、その辺がアキレス腱の影響があるかもしれません。元々波のある選手だったから、なんとも言えないとこかもしれないけど。第二次ラウンドに向けて、調子が上がってきているのなら嬉しいところです。


 木村沙織選手は相変わらずサーブで狙われることが多いですが、よく頑張っています。レフト・ライト・サーブキャッチ・絡み・時にはトスアップと非常に仕事が多いです。時には休ませてあげて…と思うのですが、落合真理選手の出番は今のところ無いですね…。

 荒木エリカ選手は、だいぶ調子をあげてきました。ただ、ここぞという時のミスはちょっと多いですね。それと、センター攻撃に対して、せめてもっとワンタッチ取って欲しい。


 リベロ菅山かおる選手のサーブレシーブは改善無し。怪我の影響なのか、オーバーパスで取らないので、無駄に動かなければならなかったりします。チャンスボールをきちっと返せない。これはもう、来年の成田選手か佐野選手か櫻井選手の復帰に期待するしかありません。もう今年は我慢するしかありませんからもうやだ〜(悲しい顔)


 昨日で第一次ラウンドは終了です。第二次ラウンド進出チームが決りました。
<プールA>
1 チャイニーズタイペイ
2 日本
3 ポーランド
4 韓国

台湾が全勝で第二次ラウンドへ進出。誰も予想していなかったのでは?二次ラウンドで当たる、イタリア・キューバあたりとの対戦が非常に楽しみ。

<プールB>
1 ロシア
2 ドイツ
3 中国
4 アゼルバイジャン

中国が、ロシアに続きドイツにも負けて、決勝ラウンドに進出は難しくなりました。

<プールC>
1 ブラジル
2 アメリカ
3 オランダ
4 プエルトリコ


<プールD>
1 セルビア・モンテネグロ
2 イタリア
3 キューバ
4 トルコ

セルビア・モンテネグロが全勝で第二次ラウンドへ進出。しかし、このチームはペルー相手にフルセットでギリギリ勝っていたりするので、もしかしたらどこか脆さや弱点があるのかもしれないです。実際戦ってみないと分かりません。日本とは一度も対戦した事が無いチームですから楽しみです。


プールEの日本戦の試合日程
11/8 キューバ
11/9 トルコ
11/11 セルビア・モンテネグロ
11/12 イタリア


 最終戦がイタリアというのは助かりました。初戦のキューバは、勝てない相手では無いと思います。キューバはサーブもスパイクも凄まじいですが、ミスが多い。ミスをどれだけ日本の流れに持ってこれるかが鍵になりそう。


 第二次ラウンドはかなり厳しい試合が続くと思います。今度こそ、本当の12人全員バレーで頑張って欲しい。
ガンバレ全日本!!
posted by いち at 21:37| Comment(0) | TrackBack(2) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。