2006年11月04日

世界バレー 全日本女子バレーボール対ケニア戦

試合結果
日本対ケニア 3−0(25−15 25−17 25−10)

 ちょっと怖いな〜と思っていたケニア戦ですが、点数差を見ると圧勝です。が、試合内容を見ると、ちょっと辛口になってしまいそう。

 ブロックが本当に機能していない。せめてワンタッチ取って欲しい。宝来・荒木のセンター線がここまで機能しないとは思わなかった…。宝来がまったくといっていいほどおとりとして機能していないので、時間差の木村沙織選手がブロックに捕まってしまう大きな要因ではないかと思いました。


 3セットから宝来に変わって杉山祥子選手登場。やっぱり杉山のプレイは安定して見ていられます。今までスタメンで使われなかったのは、大会前に柳本監督が言っていた「宝来が調子がいい」のでは無く、杉山の温存の為では無いか。とも思えるほど。

 3セットのみの出場で、杉山は7得点(スパイク5点・ブロック2点)の大活躍。明日からの2連戦は、負けられない試合。杉山選手の使い所にも注目です。


 そして、WGPの決勝の時に心配されていた膝の調子は問題無いようで安心しました。柳本監督はスタメンをあまりいじらないので、宝来から杉山にチェンジという場面が増えてくるのでは無いでしょうか?


 こちらのブログに杉山選手のインタビューがちょこっと載っていました。偉いぞ杉山と思う反面、大会前どうしてあんな発言(杉山に否定的な)を監督がしたのか疑問です。


 しかし、ケニアは応援したくなるチームですね。点数が入ったときの喜び方が半端じゃない。きっと数年後、強くなるチームだと思いますよ。


 さて、明日はなかなか面白そうな試合が目白押しです。見れないのが残念ですが。

<プールB>
中国対ロシア

アゼルバイジャンからともに1セットずつ取られてしまったチームですが、この対戦の勝者が第1ラウンドの一位通過国だと思います。面白い対戦になるのは間違い無いですが…見れないんですよね〜。北海道の人が羨ましいです。


<プールD>
イタリア対キューバ

強豪国として有名な両国ですが、セルビア・モンテネグロに3−1で負けています。セルビア・モンテネグロは強いのか?と思えばペルー相手に2−3と苦戦の末勝利。よく分からない国ですね。
セルビア・モンテネグロが1位通過濃厚として、このイタリア対キューバの試合で、2位3位が決ると思います。

<プールA>
チャイニーズタイペイ対ポーランド

韓国にも勝利した台湾が、ポーランドに勝ってくれると、日本的には助かります。というか、勝ってくれないと決勝ラウンドに進めない可能性がかなり高くなってくるように思います。
そして、台湾の強さはポーランドにも通用するのか。というところに注目です。

日本対韓国
ここは勝っておかないとかな〜り厳しいぞと思います。いつもながら、韓国は日本戦には目の色を変えて挑んできます。日本は、ブロックが機能しないと厳しい試合になると思います。今日のようなサーブキャッチでもやばいかも?ケニア相手にかなり崩されていましたから…


 明日もTVの前とはいえ、頑張って応援します!ガンバレ日本
ブログ検索
posted by いち at 02:28| Comment(1) | TrackBack(2) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。