2006年11月11日

熊前知加子選手が引退です…

熊前知加子選手が勇退
 元全日本選手のクマチカボンバーこと熊前知加子が引退です。あと2・3年は出来そうなのに…。

 全日本で活躍していた頃の熊前の画像無いかな?と思ったらありました。若いな〜
2001年度全日本女子チームの選手・スタッフの紹介

 若かりし頃の竹下佳江・高橋みゆき・杉山祥子・宝来麻紀子(漢字が前のまま)・大友愛が載っています。当時注目の選手の一人であった河村めぐみなんかもいます。モデルになっちゃったけど。


 最近女子バレーボールのファンになった方は知らないかもしれませんが、熊前はすごい選手だったんですよ。ただ、残念ながら全盛期を全日本女子がレベルの低い時に当たってしまった為、あまり大きな結果が得られませんでした。

 このニュースを聞いて、もしも今の全日本チームに全盛期の熊前が居たら…とちょっと考えてしまいました。もしも、たらればを語っても仕方無いのは分かってるけどね。


 世界バレーは、明日から勝負の2戦があります。セルビア・モンテネグロとイタリア戦です。2勝出来ればメダルの可能性が出て来ますが、かなり難しいでしょう。

 やっぱり、初戦のチャイニーズタイペイ戦の一敗は痛かったですね。ここで勝っておけば、だいぶ楽に4強入りできたかもしれません。セルビア・モンテネグロに勝てる可能性はかなりあるとは思いますが、問題はイタリア戦。かなり厳しいと思います。

 少なくても、ベスト8入りはして欲しい。世界バレー精一杯応援しましょう!!
ブログ検索サーチ
posted by いち at 00:24| Comment(10) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

世界バレー 全日本女子対トルコ戦

 今日のMVPは、杉山祥子選手ですねっ!ブロック一試合に7本止めました。スパイク決定率も75.0%で10得点です。総得点で17得点です。スゴイ!!もっとトス上げても良かったね。

 選手交代も有効的に使われてました。杉山・宝来の2枚ブロックは高い!これから、高橋から宝来のワンポイントは、頻繁に使われそうですね。

 途中出場の小山修加選手もいい仕事してました。バックアタックは流石。いいムードメーカーです。スタメン落合で、途中交代で小山の方が効果的ですね。

 息ぴったりのシンスギコンビも見れました。ノーマークで気持ちよく決めてたのは、すごかったです。

 ただ、サーブレシーブはさんざんでした。全体で41.56%。特に、高橋みゆき選手が悪かった。お疲れのように見えたんですが、大丈夫でしょうか?ジャンプもあまり飛べていないように見えるし、足の調子が悪化しているのなら心配です。休ませてあげたいけど、そうもいかないのでね、この選手の場合…

 木村沙織選手も足にテーピング。杉山は肩にテーピング。連戦が続く世界バレーでは、終盤になればなるほど、選手層の厚さやスタミナの戦いになってくると思うので、これからが心配になります。


 トルコは、スルツカヤのチームと思っていたのですが、今日はナタリアが結構活躍していました。スルツカヤは、スパイクに工夫が見られなかったですね。序盤はストレートしか打たない。ブロックで止められて、中盤からはクロスしか打たない。これでは、止められてしまうよ。


その他気になる試合結果
Eグループ
 日本トルコ戦以外は、全てAグループはDグループにストレート負けです。Aはどんだけ弱いんだ。

Fグループ
 中国対ブラジル。2−3で中国の負けです。これで、中国のメダルは無くまりました。

 アゼルバイジャン対アメリカ。アゼルバイジャンが3−2でアメリカに勝ちました!どうしたアメリカ!?


 トルコに勝って、日本は決勝ラウンド進出決定です。といっても、12位以上が確定しただけなので、喜ぶほどのものでもありません。大会始まる前は、メダル目指すって言ってましたからね〜

 明日はセルビア・モンテネグロ戦です。全勝で乗りに乗っているセルビア・モンテネグロに勝てるのか?まったく予想は出来ません。スピードとコンビで戦うしかないです。アジアのバレーとあまり対戦した事が無いようなので、そこをつくしかないでしょう。

 明日も楽しみです。ガンバレ日本!!
posted by いち at 01:21| Comment(0) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

世界バレーの結果。

 世界バレー第二ラウンド第一試合キューバ戦。こんな大事な試合を録画し忘れるという失態をしてしまった。あんなに楽しみにしていたのに…

 得点だけを見ると、競った戦いだったのかな?と思いましたが、決定率などなどを見てびっくり。

スパイク
 得点/総数 (失点) 決定率
荒木  06/11 (00) 54.55%
木村  10/21 (04) 47.62%
落合  09/20 (04) 45.00%
高橋  15/36 (03) 41.67%
杉山  04/14 (01) 28.57%
小山  02/17 (11) 11.76%

キューバチーム 54/108(17) 50.00%


 第2セット終盤から小山修加選手を落合真理選手に交代って、この結果だけ見たら、ワンジョを潰す気かと思う。もっと早い段階に交代すべきだろう。ワンジョは、明日の試合に響くだろうと思う。


 その他の試合の結果。
プールE
        韓国 0-3 セルビア・モンテネグロ
     ポーランド 0-3 イタリア
チャイニーズタイペイ 1-3 トルコ

プールF
     ロシア 3-0 プエルトリコ
     ドイツ 2-3 オランダ
アゼルバイジャン 0-3 ブラジル
      中国 3-1 アメリカ


 ここまで全勝できていたチャイニーズタイペイがまさかの黒星です。トルコには勝つだろうと思っていたので、ちょっとびっくり。トルコは、アジアバレーは苦手だと思っていたのですが。データだけ見ると、サーブで崩されたようです。

 しかも、日本は明日トルコと対戦です。このプールで、トルコに勝つ確率が一番高いと思っていたのですが、ここにきて怪しくなってきました。とにかくスピードとコンビで戦うしかありません。明日の試合は、今録画予約したので、見逃す事はありません!サーブキャッチで崩されるな!

 一方、セルビア・モンテネグロが韓国を下して全勝をキープ。このまま決勝進出濃厚です。決勝ラウンドへは、セルビア・モンテネグロとイタリアが進出ですかね?しかし、プールAは全敗です。弱いな〜


 プールFはロシア・ブラジル・中国・オランダが勝利。調子の悪いと思われる中国がアメリカに勝利。しかし、メダル争いには参加できなそう。

posted by いち at 01:05| Comment(4) | TrackBack(2) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

世界バレー 第1次ラウンド終了。二次ラウンドに向けて

 1次ラウンドを終えて、私が個人的に感じたこと。

サーブは全員レベルアップした。しかも、それぞれの持ち味が違ったりするので、相手は嫌なんじゃないかな。

サーブレシーブは、最初の頃の高橋中心から、菅山に負担を増やすフォーメーションに移行中?その分木村が菅山フォロー。木村のスタミナが心配。足の調子が悪い高橋の負担を減らす為だと思うが、高橋が攻撃に集中できる分、攻撃面では高橋爆発。

トスは台湾戦から比べるとセンター線を使うようになった。木村のトス練習は無駄ではなかった。高橋に対しての平行トスはびっくりしました。

ブロックは、宝来→杉山になって、ようやく改善されたような感じ。サイドの小山・木村が予想外に貢献。大事な場面で結構杉山・荒木が止めてるのが嬉しい。

スパイク二段トスになったり、トスがぶれていたりしても、みんな頑張ってきめていると思う。

ディグよく足が動いていると思う。あとは、二段トスを丁寧に。


3 竹下佳江
 身長というデメリットに対して、メリットが少ないと思う。もっと、トスに緩急をつけないと、これから先の強豪相手に戦うのは難しいと思う。テンぱると、トスが短かったり、ネットに近かったりする癖(?)は相変わらず。改善無し。キャプテン・ベテランらしく、もっとチームを引っ張って欲しい。クイックをもっと使わないと、これから大変だろうと思います。

5 高橋みゆき
 レシーブフォーメーションの指揮を取ってるんですかね?タイムアウトに監督からそれらしき事言われてるようです。レシーブ軽減されるようになってからは、文句つけようの無い仕事ぶり。この状態を維持して欲しい。

6 菅山かおる
 サーブで狙われたりと、日本のリベロとしては失格。もうこの選手には世界バレーで期待するのは諦めました。あまり、指揮とか出来る性格では無いのかもしれないな〜と思う。レシーブで中心になろう、指示を出そうという意志が、あまり見られない。
 キューバの強いサーブ受けて、腕大丈夫なんでしょうか?

7 宝来眞紀子
 ワンポイントブロックとして頑張ってくれとだけ。

9 杉山祥子
 もしかしたら、腹の中では怒り心頭かもしれないな。と思う。温厚な選手だと思っていたけど、今回ばかりは流石に…。ブロックで、チームを乗せてくれる場面を何度も見ます。おとりにブロックワンタッチと、あまり目立たないかもしれないけど、ものすごく貢献しています。実は、一番キャプテン向きかもしれないと思う。

10 高橋翠
 特に、小山のトスは優しいな〜と思う。今のところ、あまり出番が無いのでなんとも言えないが、センターへのクイックも、竹下よりだいぶいいと思う。まず、身長が10cm違うだけでも、クイックの成功率はかなり上がると思う。第二次ラウンドでは、もっと出番を増やして欲しい。

11 荒木絵里香
 試合を重ねるごとに、調子を上げてきたと思う。が、まだミスが多い。特に、ここぞという時にストレートがアウトになる事が多い。竹下の隣は、だいぶきついと思う。ブロックでもっと活躍するには、横の動きの鈍さの改善がこれからの課題。

12 木村沙織
 天然で天才と言われる選手だけど、世界バレーでのトスが、あっさりこの水準までいける所を見ると、確かに天才と言われるのは仕方無いかな。努力しているとは思うけど。特に、WGPでのセッターをやって欲しいというプレッシャーから開放されて、世界バレーではアタッカーとしてのトス精度としてかなりいいと思う。小山と高橋へのトスの上げ方を変えているのもかなり好評価。ぽわ〜んとしたイメージだけど、結構自分の主張がしっかりしているのかな?とも思う。器用貧乏にはなって欲しくない。

14 小山修加
 正直、ここまでやってくれるとは思っていなかった。この人のバックアタックは美しいとさえ思う。ほとんど、クロスとバックアタックだけでここまでやれてるのは、本当すごい。エースを背負わされているのは可哀想ですが、今年は何も考えずにプレーしてくれるといいと思います。繋ぎのプレーをもう少し改善できれば、久光でもレギュラー取れるんじゃないかな?今の段階でも、スパーサブ的な活躍は期待できると思います。

15 落合真理
 出番が今後あると思います。小山との交代はもちろん、木村との交代もあるかもしれません。途中出場でも、ある程度の活躍ができるように調整して欲しいです。

16 井野亜季子
 ピンチサーバーという訳の分からない使われ方をされていて、本当に可哀想です。緊張しているのがみえみえですが、キャッチは正確に返している。えらいぞー。喜びっぷリがなんだかはじけてて、見てて面白い(笑)

17 石川友紀
 今後使われる場面があるのだろうか?

監督 柳本晶一
 試合前に、杉山を追い込んだ時点で、監督失格。杉山を使った後に「杉山の力は必要」なんて言っても後の祭りですよ。ここ何試合かの、表情がちょっとおかしい。目が泳いでいる。大丈夫か?
 タイムアウト時、ここ何試合かは高橋が何か指示を出しているような。何言っているのかまでは聞こえないけど。小山・高橋はベンチに座ってたりします。監督の声聞く気無し?
 その前に、怪我人(菅山)を使うんじゃないよ。追加召集出来なかったのは、よほど来てくれないのか。監督として、もう限界にきてる。


バレーボールのニュース
世界女子バレー:セルビア・モンテネグロが要警戒と注目(毎日新聞)

日本がポーランド撃破!サオリン爆発17得点(サンスポ)

2次Lでは高橋翠を積極起用(スポニチ)

 スポニチの記事の高橋翠を積極起用。名古屋だから?(笑)どうせなら、セッターとしての起用を考えて欲しい。

 だいぶ長くなっちゃったけど、言いたい事かけたのでかなりすっきりした(笑)
posted by いち at 00:00| Comment(10) | TrackBack(6) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

世界バレー 全日本女子バレー対ポーランド

 昨日は結婚式と二次会だったので、ポーランド戦はビデオで今日観戦しました。結果は分かっていたので、安心してみてられたけど、今回のようなベストの状態では無いポーランドに1セット取られたんですね〜…なにはともあれ、勝ってくれて嬉しいです。


 杉山祥子選手のブロックは素晴らしいです。以前から良かった選手ですが、世界バレーでは特にいいですね。杉山のブロックで、流れを日本に持ってくる場面が結構あります。2次ラウンドでも、このいい状態を維持して欲しいです。


 そして、高橋みゆき選手は、本当にアキレス腱痛めているんでしょうか?疑問になるほど調子がいいです。サーブキャッチは日によって波があるようで、その辺がアキレス腱の影響があるかもしれません。元々波のある選手だったから、なんとも言えないとこかもしれないけど。第二次ラウンドに向けて、調子が上がってきているのなら嬉しいところです。


 木村沙織選手は相変わらずサーブで狙われることが多いですが、よく頑張っています。レフト・ライト・サーブキャッチ・絡み・時にはトスアップと非常に仕事が多いです。時には休ませてあげて…と思うのですが、落合真理選手の出番は今のところ無いですね…。

 荒木エリカ選手は、だいぶ調子をあげてきました。ただ、ここぞという時のミスはちょっと多いですね。それと、センター攻撃に対して、せめてもっとワンタッチ取って欲しい。


 リベロ菅山かおる選手のサーブレシーブは改善無し。怪我の影響なのか、オーバーパスで取らないので、無駄に動かなければならなかったりします。チャンスボールをきちっと返せない。これはもう、来年の成田選手か佐野選手か櫻井選手の復帰に期待するしかありません。もう今年は我慢するしかありませんからもうやだ〜(悲しい顔)


 昨日で第一次ラウンドは終了です。第二次ラウンド進出チームが決りました。
<プールA>
1 チャイニーズタイペイ
2 日本
3 ポーランド
4 韓国

台湾が全勝で第二次ラウンドへ進出。誰も予想していなかったのでは?二次ラウンドで当たる、イタリア・キューバあたりとの対戦が非常に楽しみ。

<プールB>
1 ロシア
2 ドイツ
3 中国
4 アゼルバイジャン

中国が、ロシアに続きドイツにも負けて、決勝ラウンドに進出は難しくなりました。

<プールC>
1 ブラジル
2 アメリカ
3 オランダ
4 プエルトリコ


<プールD>
1 セルビア・モンテネグロ
2 イタリア
3 キューバ
4 トルコ

セルビア・モンテネグロが全勝で第二次ラウンドへ進出。しかし、このチームはペルー相手にフルセットでギリギリ勝っていたりするので、もしかしたらどこか脆さや弱点があるのかもしれないです。実際戦ってみないと分かりません。日本とは一度も対戦した事が無いチームですから楽しみです。


プールEの日本戦の試合日程
11/8 キューバ
11/9 トルコ
11/11 セルビア・モンテネグロ
11/12 イタリア


 最終戦がイタリアというのは助かりました。初戦のキューバは、勝てない相手では無いと思います。キューバはサーブもスパイクも凄まじいですが、ミスが多い。ミスをどれだけ日本の流れに持ってこれるかが鍵になりそう。


 第二次ラウンドはかなり厳しい試合が続くと思います。今度こそ、本当の12人全員バレーで頑張って欲しい。
ガンバレ全日本!!
posted by いち at 21:37| Comment(0) | TrackBack(2) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。