2006年09月09日

全日本女子バレーボールWGP第6位

 早くも5位6位決定戦が終わって、日本が中国にストレート負けで第6位。地上波での放送が無いみたいで残念です。しかし、中国が5位ですか。いつからこんなに弱くなったんですか?アテネ金メダルですよ?知らない間に世界は動いてるんですね…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060909-00000512-yom-spo


 ブラジル戦ビデオでみました。1セット先取するも負けちゃいました。しかし、ワンジョーこと小山修加という大収穫がありました。

 これから経験を積めば、まだまだ伸びると思うので、今から楽しみです。高橋みゆき選手の高速平行トスと、ワンジョーの打ちやすい山なりのトスの力強いアタックとで、チームとしてバランスがいいのかもしれないですね。

 石川友紀選手は、ブロックで結構な活躍。あとはオフェンスでもう一歩。この選手、もしかしたらまだまだ身長伸びるのかも?あと3pは伸びて欲しいですね。センターとしてはちょっと低い。

 あとは、やっぱりサーブが強くならないと世界とは戦えない。というか勝てないです。世界バレーまであと少し。いったいどこまで調整できるのでしょうか?


 そこで気になるのがスタメン。固定では無いでしょうが、軸は誰?ライトとセッターは高橋みゆきと竹下佳江でほぼ確定?センターは、杉山祥子選手と荒木エリカでいくのか?杉山選手の足はおそらくたいした事では無いと思うので、杉山選手でいくと思います。

 問題はレフト。栗原恵は、おそらく怪我で出ないと思います。という事で、WGPと同じく大山・落合・木村・小山ですかね?もしかしたら、ワンジョーと木村沙織でいくのではないでしょうか?木村沙織はWGPで全試合フル出場という事で、かなり期待されているみたいですね。木村に代わって落合真理でも全然問題なさそうに思えるんですけど、何故か木村沙織にこだわりますよね。これからの選手ですから、今無理させなくてもいいような気もします。


 
posted by いち at 23:34| Comment(0) | TrackBack(5) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドグランプリ決勝ラウンド

 対ロシア戦。なんとも覇気の無い試合でしたが、今までスタメンで使ってこなかった石川友紀選手が見れてなかなか期待の持てる内容ではあったかも?

ロシア戦スタメン

 小山 荒木 高橋
 竹下 石川 木村 (菅山)


 試合内容は、予選同様木村沙織選手がサーブで崩されて、高橋みゆきがフォローに入るから守備範囲が広すぎてきちんと竹下佳江選手に返らず…といった感じです。

 ただ、今回竹下はちゃんと返っても、トスが乱れてたのが気になった。この過酷なスケジュールの中、とても疲れているとは思うけど、キャプテンなんだしもっと頑張って欲しいと思ってしまう。

 高橋みゆき 12得点 スパイク決定率57.9%
 小山修加  10得点 スパイク決定率35.7%
 石川友紀   6得点 スパイク決定率33.3%
 荒木絵里香 10得点 スパイク決定率29.4%
 木村沙織   5得点 スパイク決定率26.7%

 高橋はみゆきはミスもあったけど、流石です。石川友紀はきついローテーションの中よく頑張ってくれて、今後に期待。ワンジョーはやっぱりまだまだ経験が足りない感じです。荒木エリカはセンターで決定率29.4%はちょっと低すぎ。調子悪かったのか、雰囲気に飲まれたのか…?木村沙織は何とかサーブに耐えて欲しい。足腰強化がまず最優先かも?


 ゴールデンタイムの放送じゃなかったから、こんなスタメンが実現したのかも?とちょっと思った。勝とうというよりは、新人に経験を積ませようという試合だった気がする。出来れば、高橋翠を1セットぐらいフルで使ってみて欲しい。


 今日のブラジル戦もロシア戦と同じスタメンのようで、楽しみです。ブラジルは、ロシアにストレートで勝っているようです。どこまで食らい付けるのか?

posted by いち at 01:06| Comment(0) | TrackBack(6) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。