2006年09月03日

全日本女子バレーボール対ブラジル戦

 惨敗。またしてもミスの目立つ試合でした。予選最後の試合でしたが、アメリカが調子が悪かったようでなんとか決勝ラウンドに進めました。決勝ラウンドではBグループで、またロシアとブラジルと戦う事になりました。どうせなら中国と当たって欲しかった。残念。決勝ラウンドでは、全員バレーで色々試して欲しい。世界バレーに向けての方向性がちょっとでも見れればいいです。

 さて、今日のブラジル戦。小山修加選手(以後ワンジョー)と石川友紀選手が多少見れて良かったかな?高橋翠選手も初めてちょっと見れた感じ。今までどうして使われなかったのか不思議な感じですね。

 ワンジョーはやっぱりボロが出てきましたね。途中ブロックにかかってイライラしてるのが丸見えなのはちょっと頂けない。つなぎとレシーブとサーブミスがちょっと多すぎるけど、まだまだ経験が足りないだけなので、これから伸びる可能性が大きいので期待できます。現段階では全日本レベルにはまだまだだけど、もっとチームで練習を積めば、大きく進化する事もありえると思います。あのジャンプ力はすごいです。バックアタックはまだ威力増すんじゃないかな?と思います。とりあえず、サーブの練習を積んで欲しい。

 石川友紀は、ワンジョー同様これからの選手です。センスがあるとか絶賛のようですが、今日は緊張しているしまだ良く分からない。今日見た感じでは、おとりに本気で飛んでないのがバレバレすぎなのがちょっと気になった。出来れば、韓国戦とかで使ってあげて欲しかったな。ちょっと可哀想な位緊張してましたよね。しかし、笑顔が可愛い(笑)

 高橋翠は、やっぱりというか、木村沙織選手よりトス上手い。木村沙織のようなネットから離れすぎたトスではなく、打ちやすそう。もうちょっと見たかったですね。

 木村沙織選手は、昨日に引き続きミス多かったですね。天才系であるのは分かる気がするけど、やっぱりチームでセッターとして使ってない選手を、全日本でセッターに育てるっていうのは無理があるんだと思います。その無理をやってるものだから、全体的にミスに繋がってしまうのかもしれない。決定率もあまり良く無いですよね。確認してみたら、41.24で20位。サーブで狙われたりして下がったのかもしれないけど、あのポジションだったらもっと良くてもいいはずだものね。

 高橋みゆき選手は相変わらず。ブラジルは、この選手に対する練習しかしなかったとか?世界レベルの選手がこの人だけってのが今の日本の現状なんでしょうね。この選手が守備の中心に居るってのがなんとももったいないとかいいようが無い。

 菅山かおる選手はこんな選手だったろうか?アタッカーとして全日本に居た時はもっと強気な選手だったはず。リベロになったら何だか弱気な選手になってしまった。ベンチからコートに入る時、他の選手に何か指示を出しているシーンを見たことが無い。


 まだまだ書きたい事はあるけど、決勝ラウンドを見てからまた書きます。
posted by いち at 23:15| Comment(0) | TrackBack(5) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。