2006年09月02日

全日本女子バレーボール対イタリア戦

 惨敗。残念ながら、勝てるかも?という場面は無かった。第二セットなんて見てられないほどミスが多かった。いつもイタリア戦は、データさえ読まれなければ…と悔しい思いをしながら見る事が多く、次は勝てるかも?という期待の持てる試合だったが、今回はどちらかと言えば自滅ではなかったでしょうか?


 特に、木村沙織選手のミスが目立ったように思う。いつもあまり大きなミスをしない選手なだけに、大きなミスが続くと目立つ。昨日の疲れが取れなかったのかもしれないが、それにしてもね。ただ返すだけでいいようなボールをネットにかける場面が2,3回見れたんじゃないかな?今日は、サーブで狙われていた訳でも無いんだし、どうしてそんなにミスが多かったのか不思議。

 相変わらず、高橋みゆき選手のサーブキャッチ範囲が広すぎ。菅山かおる選手と2枚でキャッチは、見てて可哀想になるほど。第3セットは落合真理選手がキャッチに入ってくれていたので良かった。やっぱり、大山加奈選手のレシーブがもっと良くならない限り、キャッチが2枚というのは改善できないのかもしれない。


 大山加奈選手は、レシーブもブロックも良くなった。良くはなったけど、まだまだキャッチに入れるレベルにはほど遠い。それに、キャッチ後攻撃に絡むなんてスピードも無い。頑張っているのも分かるし応援したいけど、このままだと栗原恵選手が全日本に入った時、スタメンは無理だと思う。
 腰を痛めてから以前のパワーも無くなったし、肩のテーピングも痛々しい。体質改善を含めて一度休んでみてもいいかもしれない。と素人目に思うんだけど…

 今回ちょっと気になったんですけど、コートそばのリポーター(?)の吉原さんが、「リベロなのに、菅山かおる選手がまったく声をだしていない」ようなことを言っていました。これは結構重要ですよね。アタッカーでは無いのですから、アタッカーがミスをして調子を崩しそうになっても、攻撃に絡めまないリベロだからこそ、雰囲気を変えていけるように声だしていかないと。それも出来ないのでは、リベロ向きの選手では無いのかもしれない。と思ってしまう。


 長いと感じた予選も、明日で終わり。あっと言う間でした。決勝進出は厳しいかもしれませんが、これが今の全日本の実力と思います。ただ、ちょっと改善できれば何とかなるレベルのものもあると思うので、世界バレーまでにもっと強くなると思います。ガンバレ日本。
posted by いち at 23:58| Comment(0) | TrackBack(4) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全日本女子バレーボール対ドミニカ共和国2

 ビデオを撮っておいたのですが、延長戦だなんて…5セット途中で切れてしまいました…。でも、フルセットで日本が勝ったんですね!良かった良かった!!最近フルセットまでいって勝った全日本を見たこと無いんじゃないですか?

 最後まで見れなかったので、何とも言えないところですが、サーブキャッチほぼ2枚で戦っていましたね。アテネでサーブキャッチを成田郁美選手と高橋みゆき選手2枚で戦ってあれだけボロボロにされたのに、今だに2枚で対応しようだなんてどれだけ高橋みゆき選手に負担かける気なんだとちょっと思います。しかも、リベロ成田郁美ならまだしも、菅山かおる選手ではあまりにも高橋みゆきに負担かけすぎ。少なくても3枚で対応すべきでしょう。木村沙織選手が常にサーブキャッチに入るべきなんでしょうけど、まだ無理なんですかね?ドミニカ戦では、菅山かおる選手のフォローに、高橋みゆき選手も木村沙織選手も入っていたように見えたんですけど、どうしたんでしょう?それほど菅山かおる選手に信頼できないという事なのでしょうか?

 この試合、高橋みゆき選手はらしくないミスが結構見れたけど、やっぱりキャッチであれだけ狙われたら、ボロボロになっちゃうのでしょうね。イタリアから帰国後の安定は素晴らしいですが、もうちょっと菅山かおるに頼った方がいいのでしょうね。

 竹下キャプテンいつもクールな顔していますけど、固い顔して一見怒っているような顔しながらベンチに戻っていく時ありましたね。どうしたんでしょう?とちょっと気になりました。木村沙織がトスアップするようになってから、ディグに走る回数が増えましたけど、やっぱりまだ木村沙織のトスはまだまだこれからというところ。せっかくスーパーレシーブを竹下選手がしても、トスアップが木村沙織では得点にならない場面が多々あります。でも、それはまだこれから修正できるところではあるのかもしれません。竹下選手のアクロバティックなディグが前大会よりも見れるというのは、それだけトスアップできる選手が増えたという事で、良くなったともいえるのかもしれません。


 今日はイタリア戦ですね。イタリアから帰ってきたばかりの高橋みゆき選手に注目です。とはいえ、またキャッチが2枚なんてことになってたら、ドミニカ戦以上にボロボロなんて事もありえるかもしれません。強豪国であればあるほど、高橋みゆき選手の負担が増えるのも仕方が無いとはえ、残念だなと思います。もっと攻撃に回って欲しいと思います。

 イタリア戦のレフトはだれになるのでしょう?落合真理選手かワンジョーこと小山修加選手でしょうか?またサインを読まれてボロボロにされないように何か考えているのでしょうか?

 ドミニカ戦がフルセットだったので、かなりお疲れな選手もいるかもしれません。もっと色々な選手を試してみて欲しいですね。イタリア戦楽しみです!
posted by いち at 16:16| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。