2006年09月17日

シンクロ銀メダルおめでとう。

 シンクロ全日本、年々よくなっているみたいですね。しかし、ロシアは相変わらず綺麗だなぁ。

 柔道も3位と健闘です。しかし、ってきり1位だと思ってました。ちょっと意外な結果。昔、田村亮子が「最低でも金メダル」みたいな事を言っていたような気がするのですが、柔道の世界は勝って当り前のような空気があるような気がします。そんな世界ではたとえ銅メダルだったとしても、あまり歓迎されないとうのは仕方の無い事なのかな?と思います。厳しい世界ですね。


 バレーボール・シンクロ・柔道とまさにスポーツの秋ですね。ここまで続くと見る方も大変ですけど、選手の方も毎日出場とかあって大変では無いのだろうか?と心配になってしまいます。シンクロの鈴木選手は、4日連続出場だそうで、きっとすごいお疲れではないでしょうか?


 なにはともあれ、全日本を応援できるのは嬉しいです。
posted by いち at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

全日本女子バレーボール決勝ラウンド総集編5

 シンクロ真っ盛りの中、バレーボールの話です。全日本女子バレーボール決勝ラウンド総集編5を昨日書くつもりが、いつの間にか寝てしまってかけませんでした。


 今日こそセッターであるキャプテン竹下佳江選手です。ディグが素晴らしい。なんであんなに小さな体で飛ぶんだろうといつも思う。そして、見てて気持ちが良かった。しかし、本職であるセッターの方は…トス回しがいまいち首をかしげてしまう場面が何度か。ネットに近いトスが何度も。日によって調子の良し悪しが結構あった。

 思い返すとアテネの頃、実況アナに「トリッキーなトス回し」と叫ばれてたな〜今はトリッキーなんて一言も叫ばれていませんがね。しかし竹下にしたら、高速平行トスは高橋みゆきしか打てないし、エースアタッカーは不在だし、やりたいようには出来ないのだろうなーと思います。最後の頼みの高橋みゆきは他の選手のフォローでヘトヘトな時もあるし。



 柳本監督は、ツーセッターとか言ってますけど、北京オリンピックまではセッター竹下でいくと思います。WGP前は、北京後はリベロ高橋あるかも?と思っていましたが、もしかしたらリベロ竹下ありえるかも?とかちょっと色々想像を膨らませています。


 ともあれ、18日から全日本は合宿にはいるようです。誰が召集されるのか楽しみです。何人か追加召集されるようで、誰が呼ばれるのか楽しみです。
posted by いち at 00:23| Comment(0) | TrackBack(3) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

とりあえずコメントレスだけ。

 全日本女子バレーボール決勝ラウンド総集編は数時間後更新します。とりあえずレスだけ。ちょろっとします。


>はてなさん
はじめまして。こんにちわ。
 小山修加選手がディグランキングトップ10入りしたのは未確認でした。失礼しました。
 すごいですね。ちなみに、何位だったのか気になります。
 とはいえ、現段階でのメンバーで、レフトのスタメンでベストなのは落合−木村ではないかと思うのですが、どうなんでしょう?小山はサブ的役割という感じです。柳本監督は、世界バレーでも大山−木村でいくような気がしますけどね。

>つばささん
はじめまして。
 メールでしたら、お知らせの管理人@いちのところをクリックしていただければ、送れますよ。パイオニアのファンですか。WGPはパイオニアの選手が居なくてつまらなかったのでは?私は、どれか選べといわれたらNECかな?くらいです。
posted by いち at 20:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全日本女子バレーボール決勝ラウンド総集編4

 とうとう4まできました。全日本女子バレーボール決勝ラウンド総集編です。予告通りライト高橋みゆき選手です。


 今大会では、他の若手選手のフォローに終始してしまったみたいでとても残念です。リバウンドとったりブロックアウト狙ったりと、センスと技術はすごいけど、やっぱりブロックが難点。

 しかし、決勝ラウンドのディグは凄かった。その変わりスパイクはいまいちだったかな?と思ったら、決勝ラウンドでの決定率は日本でナンバー1でした(^^;

 やっぱり、トップクラスの相手だと、この選手のスパイクは必要です。もっと攻撃にからんで欲しいとは思うけど、フルで出場する事を思うと、スタミナ考えて温存もしなくちゃな〜とか、考えてトス集中は無理なんでしょうね。


 イタリアに行って、ムラッ気が無くなった気がします。全試合あまり浮き沈みが無くなりました。来年またイタリアに行くようで、北京での活躍が楽しみです。


 話は変わりますが、木村沙織選手もイタリアからオファーがあったとか。断ったみたいですが、イタリアに行くとするとどのポジションに入るのかな?とちょっと気になりました。おそらくレフトかライトでしょうけど、そうすると柳本監督のツーセッター構想はどうなるんでしょう?というか、今もどうなってるんでしょう?という感じですが(^^;


 明日はとうとうキャプテン竹下選手。キャプテンなのでちょっと厳しくいくかも?ついでに柳本監督にも触れておくかも?
posted by いち at 00:28| Comment(1) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

全日本女子バレーボール決勝ラウンド総集編3

 好き勝手言わせてもらっています、全日本女子バレーボール決勝ラウンド総集編です。レフト・センターといって、残りはライト・センター・リベロです。迷うんですが、今日はリベロ菅山かおる選手。

 攻守に輝くかおる姫ですが、今回リベロなので「守」のみ。残念ながらさほど輝いたイメージが無い。決勝ラウンドでは、予選ラウンドほどコートをウロウロしていることも無く、落ちついてきたしチームに溶け込んできた感もあったけど、どうしたって筋肉が無い。

 足は動くので、スーパーディグも見れるけど、強いサーブに弱い。守りの要でありながら、木村沙織のフォローは高橋みゆきまかせ(高橋もやりすぎの感はあるけど)今回の大会で、いかにリベロが重要なポジションであるか、改めて感じました。

 攻撃にからめないリベロだからこそ、他の選手のフォローとか、声かけと頑張ってやって欲しいのだけど、あまりそういったところは見れなかった。


 菅山かおるはこれからどれだけ伸びるだろうか?と考えると、???。世界バレーまであと少ししかない。きっと世界バレーでもリベロ菅山でいくんだろうと思う。大丈夫なんでしょうか?とちょっと心配。


 明日は、ライト高橋みゆきについてに書こうかな?最後はキャプテン竹下佳江選手で締め。ついでにまとめと監督かな?と予定しておきます(笑)
 
posted by いち at 00:02| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。